よれよれ将軍のよれよれ日記

日常のことをよれよれと書く日記です。

「ゲームチェンジャー」を観てヴィーガンボディビルダーを目指そうと思ったけど1日でやめました

ゲームチェンジャー

実は、私がボディビルダーを目指し始めた直後に、

すごい短期間の紆余曲折があったのです。

短期間でも紆余曲折っていうんですかね。

 

7月半ば。小学校からの友人であるモチと話してまして

私「俺、ボディビルダー目指すわ」

モ「なに!
  Netflixで、栄養学がどうのこうのいうドキュメンタリーがあって
  シュワちゃんも出てたよ」

という、微妙に繋がってるんだかよく分からない会話が

繰り広げられたのです。

ちなみにシュワちゃんとは

もちろんアーノルド・シュワルツェネッガーさんです。

翌日くらいに早速Netflixでそれっぽいものを探したら、ありました。

「ゲームチェンジャー:スポーツ栄養学の真実」

というドキュメンタリー映画です。

この内容が結構衝撃的でした。

Netflix観られるかたはぜひ観てみてください。

続きを読む

真剣にボディビルをしようと思います

気づけば、前回の更新から3ヶ月経っていました。

相変わらず時間の流れの速さにビビります。

ここ最近の大きな流れをだらだらと書きます。

結構な長文になりそうですが、久しぶりなので長くなってもいいでしょう。

※記事内に、しょうもない男性の半裸の画像が含まれます

 

少しダイエットをしました

6月上旬に健康診断の予定があったのですよ。

なので、それに向けてちょっと痩せようと思い立ったのが

4月くらいのことでございました。

4月時点での体重は105kgほどで、これはやばいっていう体重です。

このまま健康診断に行ったら、また健康指導をされて、

半年間、食生活やらを監視される刑を受けてしまいます。

というわけで、健康診断までにせめて100kgは切ろうという

目標を立て、多少食事の量を減らし、行ける日にはジョギングやら

ウォーキングやらをするという生活をスタートしました。

続きを読む

少し反省しました

ここ最近起きたことをオムニバス的に。

 

反省

いつものように、スシローに行ったんですよ。

土曜日ですし。

以前も書きましたが、近所のスシローは、

座席の振り分けが機械化されています。

最近はそういう店舗が増えてきてる感がありますね。

店に入ると、発券機マシーンがナンバーの書かれた紙を発行し、

「紙に書かれたナンバーの席にお座りください」

みたいなことを言ってくるのです。

で、我が家の近所のスシローに関しては

このナンバーと座席の間に、ある法則があります。

それは、十の桁が偶数だと上流側、奇数だと下流側。

そして一の桁が小さいほど厨房に近い、というものです。

続きを読む

オンラインプチ同窓会

少し前に書いたように、

去年の12月4日に、小学校時代の恩師と再会して、

同窓生たちのLINEグループに入れてもらってたんですよね。

yoreyoreshogun.hatenablog.com

で、「2021年中に同窓会やるぞ」とか言ってたものの、

あっという間に時は流れて、2022年になってしまいました。

 

4月半ば過ぎたあたりでしょうか、

そのLINEグループに投稿がありまして

K先生「GW中に、オンラインで同窓会しようぜ」

私は二つ返事でOKをして、4月29日(金)に

ZOOM同窓会が開かれることと相成ったのです。

続きを読む

春ですね

せっかく春っぽい陽気になってきたので、

ここ最近の春らしいネタと、春とはあまり関係ない日常ネタなんかを

書いてみます。

 

桜満開!

f:id:yoreyoreshogun:20220404153627j:plain

やっぱり青空と桜のコントラストっていいですよね。

春だなって感じがします。

続きを読む

話題に困る

気づけば、またすごい時間が経ってしまいましたが、

なんとなく近況をダラダラ書きます。

 

昭和史

少し前に、半藤一利さんの「昭和史」という本を買って読みました。

なかなか面白かったです。

二・二六事件」とかって、歴史の授業で習ったから

名前は知ってるものの、具体的にどんなことが起きたのかって

知らなかったりするじゃないですか。

ああいう事件の一つひとつが、どういう経緯で起きたのかが

一つの時間軸の中で語られると、大きな流れが見えて面白いです。

続きを読む

北斗の拳

オミクロン株が猛威を振るった影響で、

また在宅ワークになっております。

そして、ここのところ、お昼ご飯を食べるときに

Netflix北斗の拳を垂れ流しています。

 

なぜ、今、北斗の拳なのかと問われると

あまり明確な理由はないのですが、

なんとなく今観ても面白そうなのと、

過去に一度観て物語はある程度把握してるので、

あまり真剣に観なくても大丈夫という理由からでした。

昼時は、ご飯を食べてるときにも容赦なく連絡が来て、

特に嫁はすぐそれに反応して仕事をしちゃうので、

がっつりと動画を楽しめるという環境ではないのです。

だから、ある意味では観てても観てなくても構わんという

中途半端な動画が求められるのです。

続きを読む